鹿嶋ブログ ~その3~

未分類

こんにちは!!

奥さんとは出会って12年、付き合い始めて8年、結婚して7年になりました。鹿嶋です。
自分自身は男3人兄弟の末っ子で、5人家族中4人が男性という家庭で育ったにもかかわらず、現在は可愛い娘2人に奥さんとの4人家族、女性3人に囲まれた生活をしています。皆んなコワカワイイです。

さてさて、今日は離婚率第一位のアメリカでは有名(?)の『亭主を早死にさせる10ヶ条』という恐い格言をご紹介しますね。
逆説的な意味をもたせて表現されている分、少しふざけて読めるものでしたので、面白く、僕なりの解説・感想を入れています!!

『亭主を早死にさせる10ヶ条』

①、夫を太らせなさい。25Kg太らせたら、10年は寿命は縮むそうだ
肥満は様々な疾患系リスクを上げることは十分知られていると思います。
僕自身、クライアント様の目標を目指しながらも、ただ見た目がよくなるだけでなく、いかに健康的にしてあげられるか?どれだけ身体機能の向上ができるか?どうすれば、その人がより人生を幸せに感じられるのか?という部分を軸にサポートさせていただいております。
つまりダイエットは見た目だけの話ではないのですよ?ということ(笑)

②、酒をうんと飲ませなさい
酒の適量は一昔前までは1~2合(適量)が良いとされていましたが、現在では昔ほど良いものとされなくなりました。少しでも飲むことは健康を害することが証明されてしまいました。残念…
でも、個人的に飲み会の空間は大好きです!!

③、とりわけ大事なことは、いつも運動しないで座らせておくこと
これも肥満の問題と重なります。また、運動をすることによる、自律神経の安定や新陳代謝の向上は免疫力を高め、病気にかかっても回復や治癒が早くなり、長生きする確率が上がります。

④、脂肉、天然のバターをたくさん食べさせなさい
動物性の脂肪はアラキドン酸を含み、体内において炎症作用を助長します。疼痛反応を過剰にするため、痛みに始まり、様々なアレルギー反応も強めるため、肩こり、腰痛、生理痛、頭痛、リウマチなどの痛みをより痛く感じやすくしてしまいます。
また、これらの食品は高カロリーである脂肪が多いので肥満の原因となります。

⑤、塩分の多い食物になれさせなさい
塩分は高血圧になる確率を高め、高血圧者は正常血圧者に比べて5年は寿命が短いようです。

⑥、砂糖など甘い物を沢山食べさせ、コーヒーをガブガブ飲ませなさい
健康に最も悪いと言えわれる砂糖。
砂糖はインスリンを分泌させるブドウ糖とインスリンの抵抗性を強める果糖が同時に大量に摂取してしまうものです。これは慢性的な肥満に向かわせる他、精神的ストレスを強め、情緒の安定性を弱める傾向にあるとされます。また、コーヒーに含まれるカフェインの過量摂取も害があると言われます。
どちらも依存性が強く、適量が増加していく傾向にあるので気を付けましょう。

⑦、タバコを勧めなさい
タバコは百害あって一利なしです。喫煙者に肺ガン・喉頭ガンが多く発生し、呼吸器病にも悪影響を及ぼします。喫煙に関する病気の死亡者数は年間12〜13万人です。

⑧、夜ふかしをさせること.テレビの深夜放送を見たりパーティーを時々やること
夜ふかしは健康に良くないことは昔から言われており、睡眠の効果を得られないことがその主たる理由です。
人により、ショートスリーパーやロングスリーパーという睡眠時間の適量はあれど、平均して6〜7時間の睡眠が体と心に対する健康的な影響を及ぼすことは証明されております。

⑨、休暇旅行にいかせない
ここら辺は異文化の価値観や、各個人のストレスマネジメントに関係しますが、休暇は旅行などに行くなど、様々な方法でストレスをためないことが健康を維持するのに大きな影響を与えています。
ストレスを発散させずに蓄積させることは、精神的にも肉体的にも害がありますよね。

⑩、最後の仕上げは終始文句を言っていじめること。これには、お金と子どもの文句が一番良い
夫婦間にかかわらず、いじめというものはストレスを与えてしまいます。基本、受け手に委ねられる部分は多いですが、誰が言われてもストレスに感じる文句や小言に四六時中さらされることは発散が追いつかないですよね。
ここでは、特に旦那にはお金と子どもについての文句が効くと言われていますが、個人差はあるのかな?と思います。ちなみに僕は嫌です(笑)

以上、『亭主を早死にさせる10ヶ条』でした!!

逆に、自分自身、これらに気をつけることで健康に近づけること間違いなしです!!できることから気を付けてみてはいかがでしょうか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧