パーソナルトレーニング・加圧トレーニング 無料体験実施中!!

銀太 おうち記念日

始まりますよ、猫ブログ!
苅込です。

昨年2021年9月14日、朝8時過ぎにお隣さんちの庭にうずくまって、か細い声で鳴いていた子猫。
生後3ヶ月ほどで保護してそのまま我が家の一員になり、一年が経過しました!
兄ちゃん姉ちゃんのご飯を盗み食いする日々を送り、1.2キロから4キロへ。
立派に太々しく成長しました。
かん太の頭ごしの銀太、一歳にしてなんと太々しいことでしょう。

こちらは保護直後、動物病院に連れて行った時の写真です。
かわいらしい!

保護した当時、本人(本猫)は元気いっぱいでしたが、『真菌(しんきん)』という厄介な菌を持っていました。
そのため、上の二匹は言うまでもなく、人間二人も感染することとなりました。。
よって、隔離期間も長くなり、お世話も大変ではありましたが、当時わたしも在宅勤務であったことが幸いして、小さな命を救うことができました。

ところで、銀太は練馬区生まれ練馬区育ちなのですが、元外猫にしては顔立ちや目の色、毛の触り心地など、どこか外国出身を漂わせています。
(ちなみに、かん太も緑の目、もふわふわロン毛でヨーロッパ出身のような見た目の元捨て猫です。)

そして、先日、猫に詳しい方からペルシャに近いかも?、と言われ、ペルシャ猫について調べてみたところ、性格や体格など、当てはまるところが多く、もしかしたら、ペルシャ系なのかもしれない!と思いました。
こちらの写真は、フリー画像のペルシャ猫です。

こちらが銀太です。
なんとなく似ていませんか??

また、見た目だけでなく、性格の特徴も似ている部分が多いのです。

* 飼い主さんとは適度な距離感を保つ傾向 
→あまりべったりではなく、べたべた触られることも抱っこも嫌い!

* 柔らかい毛質で、絹のような手触りをした皮毛 
→我が家の三匹の中で一番ふわっふわな毛質。

* 骨が太く、そのぶん筋肉もしっかり 
→手足ががっしりしていて、短いw

* 顔が凹んでいる特徴から自分でグルーミングを行うことが困難 
→見てる限り、上手くはない気が。。

* 地面など低い位置を好む傾向 
→キャットタワーより床に転がっている方が多い。

ペルシャ猫は「猫の王様」と呼ばれています。
『上品』とのことですが、銀太はまだまだお子様で上品にはほど遠いですが、しばらくしたら落ち着いて、気品あふれる王様になるのでしょうか。
彼の猫生が幸せですあるよう、これからも成長を見守りたいと思います。
(正直、彼は毎日楽しそうですが、兄ちゃん姉ちゃんは彼のやんちゃに迷惑がっています。。)

猫ブログにお付き合いいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる