ダイエットは質だ!まずはカラダの「整地」から♪

健康, 食生活

先日、以下の記事で、基本となる栄養素のバランス「PFCバランス」についてお話ししました。
おさらいしたい『PFCバランス』の話。

しかし……。
「カロリーだの栄養素だのパーセンテージだの…毎日毎日そんなに計算ばっかしてられるか!」
そう思ったそこのあなたに朗報です。
今回は、食事管理の第1歩として大変オススメかつ簡単な方法をご紹介します。
計算いらずで気軽に始められるので、ぜひ試してみてください!

■まずはカラダの整地から!

食事管理の初心者の方にまずやってほしいのが、カラダの「整地」です。

たとえば…荒れ果てた原野にいきなり苗を植えても良い収穫は見込めませんよね?

岩や木の根を取り除き、土を耕し、肥料をまいて…土地を整えてから植え付けをすれば、収穫が期待出来る畑ができます。

カラダも同じです。
生活習慣や腸内環境が乱れた状態から、いきなりカロリー制限や糖質制限をするより、まず健康的な状態に整えてから始めましょう。
きちんとカラダが機能していてこそ、ダイエットの効果を最大化することができるんです。

■何をするかと言うと…

さて。カラダの整地のために具体的に何をするかと言うと、”取り除く”こと。
ダイエットの話になるとよく「何を食べればいいの?」と聞かれますが、正解は「何を食べなければいいの?」なのです。

腸内環境の悪化や、炎症反応を促進するとされる食べ物や食べ方を取り除いてみましょう。
キーワードは「兄と朝に事故か」。
…怖いですね。
怖いんですが、我慢してもう少し読んでください。

【あ】揚げ物
【に】20時以降の食事
【と】トランス脂肪酸(マーガリンなど)
【あ】アルコール
【さ】砂糖
【に】乳製品
【じ】市販のジュース
【こ】小麦粉
【か】加工肉(ハムやソーセージなど)

LOLでは、これらをできるだけ避けるのが健康的な食生活への近道だと考えています。
まずはこの「兄と朝に事故か」避けをして、そこから本格的な食事管理へ移行するというイメージですが、実はこの「整地」を行っただけでもかなりの結果が出る場合も多いです。
※詳しくはこちらの記事もどうぞ!→【健康な食生活 その2】意外なNG習慣いっぱい!「あにとあさにじこか」

■少しずつ取り入れて

とはいえ、「兄と朝に事故か」には日常生活に密着している食品も多く、すぐに全部やるのは難しいかもしれません。
できそうなものからいくつか取り除いてみるだけでもOK!
まずは挑戦する項目を2〜3個決めて、 少しずつ取り組んでみてください。

■小麦粉・乳製品は「常備」に気をつけて

「兄と朝に事故か」の中でも小麦粉や乳製品は好物で常備しているという方が多い食品。
大好物をやめることでストレスになってしまうなら「ごほうび食」として、たまに楽しむのがオススメです。
「いつもヨーグルトは冷蔵庫に入っている」「パスタは常備している」など、常に手元にある状態は避けると良いのではないでしょうか。

できそうな部分から挑戦して、ぜひ豊かで綺麗な「畑」を作ってくださいね!

監修/L.O.Lフィットネスクラブ代表
鹿嶋 浩勝
NESTA-PFT(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルトレーナー)
NESTA公認キッズコーディネーショントレーナー
FitArc公認ランニングアセスメントスペシャリスト
BFRトレーナー協会認定BFRトレーナー
JTTMA公認プロフェッショナルセラピスト
ポラールジャパン認定ハートレートトレーニングトレーナー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧