ステイホーム中は「目標設定」を変えてみよう!

トレーニング, 健康

新型コロナウイルス感染症の影響により、大きく生活やトレーニングの環境が変化している方も多いことと思います。当LOLフィットネスクラブもお休みをいただいている状況です。
厳しい情勢のさなかではありますが、皆様には健康的な体づくりをあきらめないでいただきたいと考えています。
そこで今回は、いつもと違う状況の中で、上手に体づくりと向き合う目標設定についてご紹介したいと思います。

■「今までの目標」はちょっとお休み

ステイホームを実践する中で、一番避けたいのは「今までの目標」に縛られてしまうこと。
例えば高重量に挑戦していた人や、ボディメイクについてハードな目標設定をしていた人は、今まで通りのトレーニングができないことにストレスを感じるのではないでしょうか。

しかし残念ながら「今はできない」という環境を変えることはできません。
変えられないものにストレスを感じてしまうのはもったいない!なにせストレスは体づくりの一番の敵です。

また、ジムでのトレーニングを前提とした目標にこだわってしまうと、「目標を達成できていない」という失敗体験ばかり重ねることになってしまいます。
トレーニングを上手に継続するためには、成功体験が必須です。

余計なストレスを抱え込まないために、まずは目標を修正。今は「何をもって勝利とするか」を変えましょう。

【目標設定のコツ。こちらの記事もどうぞ!→】「意志が弱い」と悩む人へ。体づくりは目標設定にコツがある!

■今までと違う挑戦をしてみよう!

アスリートが怪我をすると、怪我以外の部分だけでできるトレーニングやドリルを実践することがよくあります。

それと同じように、ジムに行けない今は、ジムに行かない時だからこそできる目標に挑戦してみてはいかがでしょうか。

例えば…
・高重量を一旦休んで、心肺機能を高め長くたくさん動ける体を作る。
・自重トレーニングで苦手な種目や高回数に挑んで、メンタル強化をする。
・ストレッチを丁寧に行って、柔軟性を高めてみる。
・読書でカラダの知識を深めて、自宅トレーニングの質を上げる

…なんていうのもいいかもしれません。

皆様にジムでのトレーニングを楽しんでいただける日を、私たちも楽しみにしています。
今は今までの目標に固執せずに、自分に過度なストレスを与えないように、ぜひ今だから挑戦できる目標を探してみてくださいね!

監修/L.O.Lフィットネスクラブ代表
鹿嶋 浩勝
NESTA-PFT(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルトレーナー)
NESTA公認キッズコーディネーショントレーナー
FitArc公認ランニングアセスメントスペシャリスト
BFRトレーナー協会認定BFRトレーナー
JTTMA公認プロフェッショナルセラピスト
ポラールジャパン認定ハートレートトレーニングトレーナー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧