食欲の秋?スポーツの秋?「秋」の上手な食べ方

未分類

いよいよ秋も深まってきましたね!
「食欲の秋」「スポーツの秋」とよく言われますが、実はこれらは、科学的にも理にかなった表現なんです。
今回は晩秋の体づくりにおすすめの食べ方やお料理をご紹介します。

■食欲の秋?スポーツの秋?

暑い夏の間、人間の体は代謝が下がっています。
これは外気温が高いので、体温を上げる必要がないから。そして多くのエネルギーを取り入れる必要がないので、胃腸などの機能も若干低下します。
夏、消化の良いものが食べたくなるのには、実はこんな理由もあるんです。

逆に秋から冬に向かって外気温が下がるこの季節は、だんだんと代謝が上がってくる季節。
体温を上げるため、たくさんのエネルギーを必要とする状態になってきます。
そしてエネルギーをしっかり摂るために、消化器官の機能も上がってきます。
それなので、秋に食欲が湧いたり、濃厚な味わいのものが食べたくなったりするんですね。

そして、たっぷりエネルギーを摂った体は、自然に動きたがります。体づくりにはぴったりの季節。まさに「食欲の秋」であり「スポーツの秋」なんですね!

■旬とリンクする人間の体

そして見事なのが、上記のような人間の体のリズムが自然のリズムにもかなっていることです。
日本の秋は、お芋、栗やかぼちゃ、むかごや百合根など、エネルギーをたくさん蓄えた食材が食べ頃を迎えます。
体がエネルギーを必要とするとき、畑や野山に最適の恵みが実っているんですね。

そんな秋には、旬の食材を種類豊富に取り入れ、しっかり食べたらしっかり動くスタイルで暮らしてみるのがおすすめです(これは四季を通じて同じですが…)。

■体づくりにオススメの秋メニュー

エネルギーたっぷりな食材以外でも、キノコや果物、お魚などたくさんの美味しい食材が旬を迎える秋。
体づくり中の人にオススメの定番メニューを1つご紹介します。

『鮭のホイル焼き』


鮭のタンパク質、キノコの食物繊維、野菜のビタミンなどをいっぺんに摂れるホイル焼きは、減量中の人にも筋肉を増やしたい人にもおすすめの料理法です。

L.O.L代表・鹿嶋の場合は、たっぷりのキノコ、たまねぎなどを敷き詰め、旬の秋鮭を楽しむのが定番です。
にんじんやパプリカもおすすめの野菜。栄養豊富な上、目にも美しく食事を楽しく演出してくれます。

封を閉じる前にワインを振れば洋風に、日本酒を振れば和風に!
塩胡椒で軽く味付けをして、ホイルをしっかり閉じます。フライパンの上に乗せて蓋をして蒸し焼きに。もちろんオーブンや魚焼きグリルでもOKです。
レモンの輪切りを乗せて焼くとさらに香りよく仕上がります。

1人前から簡単に作れて、洗い物も少ないという気軽な逸品。ぜひ秋の食材をいっぱい使って楽しんでくださいね!

■おやつには「さつまいも」がおすすめ

減量中なのに甘いものがやめられない!という人には、この時期「さつまいも」がおすすめです。
糖質の多い食品ではありますが、ビタミンや食物繊維を豊富に含むという長所があります。お砂糖たっぷりのお菓子を食べてしまうより、。
ふかしたり焼いたりして、お砂糖を使わず極力そのままの魅力を楽しむようにしましょう。
ただしもちろん糖質が主の食材なので食べ過ぎは禁物です!

山の幸、海の幸、とにかく美味しいものいっぱいの秋。旬の栄養をバラエティー豊かに摂って、充実した体でスポーツを楽しみ、この季節を堪能してくださいね!

監修/L.O.L.フィットネスクラブ代表
鹿嶋 浩勝
NESTA-PFT(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルトレーナー)
NESTA公認キッズコーディネーショントレーナー
FitArc公認ランニングアセスメントスペシャリスト
BFRトレーナー協会認定BFRトレーナー
JTTMA公認プロフェッショナルセラピスト
ポラールジャパン認定ハートレートトレーニングトレーナー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧