「暑さの基準と言葉」

スタッフブログ

連日の酷暑。いかがお過ごしですか。

今回のテーマは暑さの言葉です。何故このテーマにしたかというと…私の中で暑さの基準がずれていました。
先日ある会員さんとお話しをしていて気付きました。
単に私がおバカなだけかも?…ですが。
「夏日」は30℃以上と思っていました。
なので、、少し調べてみました。

* 25℃以上=夏日
* 30℃以上=真夏日
* 35℃以上=猛暑日(2007年より使用)
* 夜間の最低気温25℃以上=熱帯夜

〔言葉の意味〕
*猛暑=厳しい暑さ、猛烈な暑さ
*炎暑=真夏の激しい暑さ(炎暑日とは言わない)
*激暑=激しく暑いこと(激暑日とは言わない)
*酷暑=非常に暑いこと。猛暑日の俗語(酷暑日という使い方はある)

日本語には「とても暑いこと」を表す為の言葉がたくさんあります。
「漢字」から伝わってくる感覚は表現する上で効果的な言葉になるんですね。

それにしても全部暑~い言葉には変わりないです。
皆さん、酷暑の折、お身体ご自愛くださいませ。

ではでは。 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧