1984

未分類

おはようございます、しんどうです。
いまひさびさに通勤時間の電車に乗りながらこの文章を書いております。

今回は今読んでいるSF小説のベストセラー1984年についてです。

言わずと知れた有名小説ですね、ジョージ・ウォーエル原作。

この小説は大学生の頃いちど読んだのですが、当時の僕は活字媒体をあまり楽しめず、内容を詳しく覚えていなかったので改めて読みなおすことにしました。

ディストピアといえば1984年
1984年といえばディストピア

けっこう暗い気持ちになる話しですが、この作品も含め、SF小説の妙にリアルな近未来感や、フィクションであってフィクションでない不思議な感覚に浸れるところがとても好きです。

今後は映像作品だけでなく、もう少しSF小説にも手を出してみようと思った今日この頃でした。

それではまた次回。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧