1周15分!LOL的『サーキットトレーニング』のすすめ

トレーニング, マシン解説

LOLはサーキットトレーニング施設のあるフィットネスクラブです。
こちらでは、私たちが考えるサーキットトレーニングの魅力や効果についてご紹介します。
運動嫌いの方、トレーニング初心者の方には特におすすめですよ!

■サーキットトレーニングとは?

サーキットトレーニングとは、複数種目を連続して行う全身のトレーニング。
筋トレ種目と有酸素運動等を組み合わせ、5種目以上を休憩なしで行うのが一般的です。

LOLのサーキット施設は、筋トレ系マシン8種とエアロビックエクササイズを数種ご用意しています。それぞれ1分ずつ行い、1周15分。体力や目的に合わせて1〜3周程度することで、全身をバランス良く動かすことができます。

■サーキットトレーニングは何に効果的?

サーキットトレーニングの効果は、数え切れないほど多彩です。
例えば筋力アップ、カロリー消費による減量、心肺機能の向上。運動不足解消や総合的な健康増進にも役立ちます。
メニューの組み合わせや、各種目の強度によって、どの効果が強く出るかが変わります。

LOLの場合は、マシンの重量や、1分間で行う回数をご自身で調節していただけるので、狙える効果も様々。
筋肉をつけたい方、体を絞りたい方、ストレス解消したい方、それぞれの目的に合わせてご活用いただいています。

■メリット1「メニューが決まっているので始めやすい」

サーキットトレーニングのメリットとして、まず始めやすさがあります。
プログラムが決まっているので、ジムに行ったものの「何をしよう」と悩むことがありません。
トレーニング初心者の方も気軽に通っていただけるのが、大きな魅力です。

■メリット2「時間が見えるので続けやすい」

”見えない時間”というのは、生活に組み込みにくいもの。
例えばジムでやることが決まっていない場合、「ジムに行くなら最低2時間は空いていないと…」と、なかなか運動の機会がつかめない方も多いのではないでしょうか。

1周の時間が決まっているサーキットは、 運動のタイミングが取りやすいというメリットがあります。
例えばLOLのサーキットは最低15分。
「30分しか時間がなくても、ジムに気軽に行くようになった!」と話してくださる会員様が多くいらっしゃいます。

■メリットその3「トレーニングする習慣がつけやすい」

始めやすく続けやすいサーキットは、運動習慣をつけたり、トレーニングマシンに慣れるための入り口としても優秀です。

また「最初は1周でもキツかったのに、2周できるようになった!」など、ご自身のレベルを把握しやすく、トレーナーからもより現状を踏まえたアドバイスをさせていただけるというメリットもあります。

まずサーキットで運動に慣れ、パーソナルトレーニングなどを活用していただきながら、より目的に合ったトレーニングへと進んでいただくという方法もおすすめです!

■デメリットは?

もちろん、サーキットトレーニングにもデメリットはあります。
例えば、全身を動かすためのメニューとなっているので、特定の箇所だけを発達させたりするのには不向きです。
また、強度やペースを自分で調節できるので、ついレベルを落としてしまうことも。
LOLでは、スタッフから積極的にお声がけし、フォームや強度についていつでも気軽にご相談いただける環境づくりを心がけています。

■カロリー消費はどのくらい?

フィットネスクラブで多くご相談をいただくのは、やはり「減量」について。

ご参考までに、LOLのサーキット施設での消費カロリーの目安をご紹介します。

【好きな種目だけ行う/会話をしながらできるレベル】
1周あたり約60kcal

【会話は難しいが、筋肉を使っている実感は少ない。連続で2週できるレベル】
1周あたり約80kcal

【 筋肉を使っている実感がある。1周を終えた時に、肩で息をしているレベル
1周あたり約100kcal

【筋肉を使っている実感がしっかりある。1種目終えるごとに少し息が上がり、1周終えた時には息が上がってゼーハー言うレベル】
1周あたり約120kcal

サーキットトレーニングは、年齢・性別を問わず、幅広い方にお楽しみいただける運動です。
ご自身の目的に合わせて、ぜひ活用してみてくださいね!

監修/L.O.Lフィットネスクラブ代表
鹿嶋 浩勝
NESTA-PFT(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルトレーナー)
NESTA公認キッズコーディネーショントレーナー
FitArc公認ランニングアセスメントスペシャリスト
BFRトレーナー協会認定BFRトレーナー
JTTMA公認プロフェッショナルセラピスト
ポラールジャパン認定ハートレートトレーニングトレーナー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧