死◯現場ではありません

未分類

お盆は実家に帰れないので家でひとりお経を読むことにしました。木村です。

これは熱中症になってしまった時に
冷やす箇所です。

太い血管が通っている場所を冷やします。

保冷剤などが用意できない場所は
水をかけてうちわや扇風機を使って身体を冷やします。

無理をせずに横になれる場合には横になり、衣類の締め付けを外します。
(ボタン・ベルト・下着など)

体温が上昇し脳への血流が減少してしまうため寝かせる場合、足を頭の位置より高くしてください。

軽度の場合

日陰やクーラーの効いた涼しい場所に移動しましょう。
身体を冷やし、自力で水分を摂取できる場合はこまめに水分補給をします。(塩分、電解質を含むスポーツドリンクなど)

軽度

症状: 目眩、立ちくらみ、大量の発汗、こむらがえり

中度

症状: 頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、判断力低下、集中力低下

重度

意識不明、意識低下、全身痙攣、体が熱い

救急搬送が必要です。

熱中症は外に限らず高温多湿な室内でも起こります。
室内の温度や湿度に気をつけ、直射日光があたる部屋はカーテンなどで遮光します。

入浴前と入浴後にも水分補給をしましょう。

外出時には帽子や日傘を活用し、なるべく日陰を選んで歩いてください。

体温が上ってしまっても、天には昇らないように気をつけましょう!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧