情報過多?勘違い?間違った情報や状況は、命を削りますよね。。。

スタッフブログ, 未分類

おはようございます。こんにちは。こんばんは。オンラインでも良いから身体の硬い鹿嶋が一緒にする、ストレッチ部をやろうかと思っています。LOLの鹿嶋です。写真は先月の鹿嶋家ハロウィンの仮装です。長女には泣かれてしまいました。

泣きたいのはコッチの方だよ(泣)

LOLに入会される方、在籍されている方の多くは『体づくり』を目的としている方が多いです。
まぁ運動施設なので当たり前かと思いますが(笑)

具体的には『脂肪を減らしたい』『筋肉をつけたい』『健康な体になりたい』『運動パフォーマンスを上げたい』など、さまざまです( ˘ω˘ )
僕自身もずっと勉強&実践していますが、知識と経験から効果が特に出るものや逆に効果が出ないもの、効果を出すために犠牲が多いものなど、一つの選択肢として伝えたいことがたくさんあるなぁと感じます。

全て話してると、とても長くなってしまいますが、もしかしたら皆さんの持つ身体作り情報にまだまだ誤解があるかもしれないので、今回はあくまで一般レベルでのお話になりますが、いくつかご紹介しようと思います。
* 体重別のスポーツやボディビルなどのコンテスト競技では、競技特性として当てはめられない部分もあります。(健康から逸脱するケースがあるため)

① 運動は短時間集中

ダラダラ長い時間行うのはトレーニングの効果も下げます。そもそもストレスを受ける時間が長くなり、中途半端に動けば動くほど太りやすくなります。ちなみにたくさんのカロリーを消費しても太りやすくなるばかりか老化が進みます。また、痩せたとしても、その行動を今後一生続けないといけないことになりますので、続けられないこと、続けたくないことは早急にやめて違う方法を考えましょう。

② モチベーション(やる気)で行動を決めない

やる気があることは良いことですよね。でも、やる気って続きます?そもそも続くものでもないですし、多少続いたとしても波はありますよね?波がある時点で、やる気が出ていない時期もあります。ここで質問です。『歯磨き』にやる気って必要ですか?『食後のデザートを食べる』ことにモチベーションって関わっていますか?

はい、そういうことです。

③ 食べすぎない、食べなさすぎない、動きすぎない、動かなすぎない、眠りすぎない、眠らなすぎない(笑)

何事もやり過ぎは禁物ですよね。昔はやればやるほど良いとする日本人の真面目すぎる文化や価値観がありました。とても良い国民性だと思いますが、間違ったものを間違ったままやり過ぎてしまったり、質よりも量、なんなら量のせいで質が下がることを知らないor信じたくないんです。きっと、、、

④ 自分を過信評価しない

僕もです。人間なんてそんなものですし、でなければ僕は今ごろ世界でライブツアーを熟す有名なミュージシャンになっていたと思います。(目指したことないですが)とまぁ、冗談は置いておいて、、、

何か習慣化にするためにルールを決めることはとても大切です。絶対にクリアできるルールじゃないと意味がないのですが、そんなルールを作っても、すぐ次のステップに進もうとする方がいます。週2日ジムに行けたから、来週は週3日にしよう!とか、毎日20分走るよりも30分走った方が早く痩せると思うし、10分くらい伸ばすのは頑張れる!とか、1週間甘いもの我慢できたから、この調子で1ヶ月好きな甘いものを我慢しよう!とかね。

そうじゃないんですよね。そもそも上記の例は、だいぶハードル高めのルールですが、、、

最初に作るのは絶対にクリアできるルール

そして、すぐに自分に期待して次のステップにいってはいけません。。。ルールを無視しないでね。。。

⑤ ちょっとした正しい行動(=脳と環境とホルモン)

よく前まで僕は人は環境とホルモンで出来ている!と話していました。格言ぽいですよね。

アホみたいに専門的な知識をひけらかすことになるので、細かいことはやめておきます。最近は少しプラスして『脳』も入っています。若干、被っている部分も多いのですが、言葉でなんとなく表現すると『環境は行動を誘発し習慣を作ります。習慣は日頃のホルモン分泌を誘発し、ホルモンはさらに行動を誘発し、正しい選択ができていることで求めている結果を誘発します。脳はそれらを構成する追い風となり、向かい風にもなります。』はい、、、わかりづらいですね、、、ごめんなさい。

ようは、最小限の行動で脳は変わり、そんな行動は環境を変え、習慣を変え、価値観を変えます。それらの積み重ねで今のあなた(心と体)は出来上がりますよということです。

今回はざっくりと簡単なものでも、大切で当たり前なことを紹介させていただきましたー

ではでは

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧