パーソナルトレーニング・加圧トレーニング 無料体験実施中!!

今日は柿です

皆さんいかがお過ごしですか?
柿を食べすぎないように気をつけながら過ごしている矢吹です。

タイトル通り今日はたくさん届いた柿をご紹介します。(5キロ)
和歌山の刀根早生柿という品種だそうです。

早速切ってみたところ甘い印がついてました。

斑点(私の言うところの甘い印)は柿の渋みのもとのタンニンが不溶化したものです。タンニンは不溶化すると渋みを感じなくなるそうです。断面に見られる黒い斑点は、柿の渋みが抜けて甘くなった証拠なのです。

ほんとに甘くて美味しい、幸せすぎる。

柿の保存方法はヘタを下にしてビニールに入れて常温追熟。熟したものはキッチンペーパーを濡らしたものをヘタに貼り付けヘタを下にしてラップでくるみ野菜室へ入れ優先的にいただきます。
ヘタが乾くと柔らかくなると祖父が言ってました。正解なのかは不明です(^ᴥ^)

これから富有柿なども出回りますね。

ちなみに牡蠣も好きです。
柿ほど手軽にたくさん食べられるものでは無いですけどこれからはこちらの牡蠣もおいしい季節です。
生牡蠣が好きですけど、自分で殻を剥く時にザックリ手を切ったことがあり毎年少しビビってます。
馬鹿な高校生だったわたしは、手から牡蠣が生えてくるのでは無いかと傷が治ってからも暫く観察を欠かしませんでした。

なぜそんなことを心配していたのか説明しますと、ご存知の方もいると思いますが「海の岩場で足を切ったらフジツボの種がついて骨に生えた」という今だったら「はあ??」と言ってしまうレベルの話を本気で信じていたからですね。

柿から牡蠣へと話が飛んでしまいましたが、最後に近所で撮影した金木犀を。

以前よりも金木犀の香りを感じなくなったのは何故でしょう?歳をとったから?いえ、マスクをしているからだと思います。皆さんは金木犀の香り今年も楽しみましたか?

最後までお読み頂きありがとうございます。
それでは御機嫌よう(´౿`)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる