中国の三十

スタッフブログ, 未分類

皆さん、こんにちは。

LOLフィットネスクラブの閻です。

今年は新型コロナウィルスの関係で国へ帰れません。

中国には春節(しゅんせつ)という日本の旧正月というものがあります。

これは毎年、日にちが違っていて、今年の春節は2月12日です。

また、春節の前日(今年の2月11日)を「三十」と呼びます。

三十の日(日本の大晦日みたいなもの)は、家族と一緒に年夜飯というものを食べます。

年夜飯は縁起の良い中国の文化の一つで、主に鶏、魚介類、湯円(たんえん)、蓮根などの物を食べることで、新年の縁起を求めます。

中国の北の方々は「三十」に水餃子も食べます。

餃子を作る時、消毒した硬貨を少し餃子に入れて、沸騰したお湯で調理します。

硬貨の入った餃子を先に食べられた人は、来年に多くのお金を稼ぐことができると言われています!!

中国では「三十」の夜には、新しいの一年間の不運をすべて追い払うという意味で花火も打ち上げます。

皆様、今年の2月11日は水餃子を食べてみませんか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧