パーソナルトレーニング・加圧トレーニング 無料体験実施中!!

タイの人体解剖実習

おはようございます。こんにちは。こんばんは。先日、タイから帰国しましたLOLの鹿嶋です。
海外からWordPressにログインできず、スタッフブログなどが止まってしまっていました。
折角なので、再開ブログは自分が書こうと思います

今回、タイに行く予定が決まってから、新規システム導入と新ホームページ作成、 2階と3階の改装、3階のサービス構築と人材集め、格闘技ジムの経営相談などなど怒涛のように仕事が迫ってきて、事前学習が追い付いていない中の実習参加で不安が強く、行きたい半分、行きたくない半分の気持ちで出発しました笑(言い訳です)

まず、タイのチェンマイに行くためにはバンコクを経由しないと行けず、移動にかなり時間が取られてしまいます。
行きに8時間(遅れて9時間)、帰りに6時間(遅れて8時間)、合計かかりました。*ちなみに時差は2時間です。それを踏まえ、今回の流れを紹介します。

11日 前日入り(22時頃にホテルに着きました)
12日 9時から事前学習
13日 チェンマイ大学にて人体解剖実習
14日 チームによるプレゼン発表
15日 バンコクへ移動し一泊
16日 タイ古式マッサージを受け、本場の手技を学ぶ
17日 16日の夜の便で東京に帰国し、LOLへ出勤

ワットポー寺院の中でタイ古式マッサージを習える場所

という流れでした。

初めてのタイでの人体解剖実習には多くのトレーナーやセラピストが合計20名参加しており、さまざまな価値観や手技、トレーニング理論、治療方法を知ることができました。また、解剖実習は教科書に書かれていないこと、当たり前だと思っているけど全然違った真実、今までの知識や経験に対して良い意味でたくさんの裏切りがありました。

腰の骨(腰椎)に負荷がかかるとどうなるのか知っていますか?普通に無数の棘が臓器側に飛び出してましたよ!!
骨盤に穴があくって知っていましたか?肩甲骨って光が透けるくらい薄いんですよ!
広背筋ってめちゃくちゃ薄い紙切れみたいな筋肉でしたよ?もはやテントです。
まだまだありますが、この興奮が伝わる人と伝わらない人がいると思うので、これくらいにしておきます。

日本の文化、タイの文化、国民性の違い、プロの定義、働くということ、楽しむということ、尽くすということなど書き出すとキリがないほどの刺激があり、身体を預かる身として、経営者として、人として多くの学びをプレゼントしてもらえた旅でした。仲間・経験・学び、どれを取っても最高の6日間で心の底から参加して良かったです。
快く送り出してくれた家族、店舗をしっかりと運営してくれたスタッフのみんな、パーソナルの予定をずらしていただいたクライアント様、皆さんのおかげで鹿嶋は1回りも2回りも成長することができました!本当にありがとうございました!

次回は3月にレベルアップした実習がバンコクで行われるようです。
絶対に参加したいので、これからもレベルアップしていく鹿嶋とLOLをよろしくお願いいたします。
是非、レベルアップした鹿嶋から身体をみてもらいたい人はご予約ください!お待ちしております!
ちなみにそんな鹿嶋から学んでくれる、うちのスタッフの子たちも自慢のスタッフですので、今後とも何かあればいつでもご相談ください!!

ではでは〜

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる