ストレスが溜まると冷える!?

未分類

最近気温の変動が激しいですね!

直射日光が大好きな木村です。

今日は『冷えとストレス』のお話しをします。

どうやら身体が冷える原因は気温のせいだけではないようです。

冷えの原因①

「ストレス」

寒いと「鳥肌」が立ちますよね?
鳥肌は恐怖や興奮など感情的になった時やストレスを感じた時にも起こります。
この時、筋肉が緊張することによって血行が悪くなり冷えの原因になる一つと言われています。

冷えの原因②

「砂糖の取り過ぎ」

砂糖の取り過ぎはイライラする、集中力の低下などの弊害をもたらすだけでなくミネラルやビタミンを不足させるため体温が作られにくくなります。

冷えの原因③

「食生活の乱れ」

栄養バランスの偏った食生活ファストフードやスナック菓子などもビタミンを不足させ冷えやストレスを生み出す原因になります。また認知機能を低下させるという研究結果も出ています。

冷えの原因④

「スマホの見過ぎ」

スマホの見過ぎで交感神経が長時間働くことで夜に眠れないという現象に悩まされます。
眠れないことでストレスの原因になり自律神経のバランスが乱れると免疫力が低下し血液循環が悪くなり体が冷えてしまいます。

冷えの原因⑤

「運動不足」

筋肉量が少なくなると基礎代謝が下がり血流も悪くなり冷えやすい状態になります。また疲れやすくなり、脳に必要な栄養が届かなくなり集中力が欠けたり、ストレスが発散出来ない原因にもなります。

「身体を冷やす習慣を続けてしまうと!?」

身体が冷えると免疫力が低下だけでなく、自然治癒力の低下や疲労や頭痛、風邪などを引き起こしやすくなったり鬱傾向が強くなったりするそうです。

百害あって一利なしですね。

なるべくストレスを溜めないように適度な運動とリラックスできる音楽を聴いてゆっくり湯船に浸かって体を温めたり、マッサージをしたり冷えを取り除いて体全体の循環を良くすることに意識を向けていこうと思います。

それではまた次回もお楽しみに!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧