キヌア

未分類

皆さんいかがお過ごしですか?
毎日暑くて大変なことです。
うちには蜘蛛がたくさん居ます、小さくてぴょんぴょん飛ぶんですよ。恐らく皆さんの家にもいると思います。害虫を食べてくれるということで我が家ではそのままにします。
その小さい子達はまぁいいのですが、アシダカグモもいるんですよ。ちょっと大きくて見つけると高速で去ります。この子は糸を出してるの見たことないんですが巣はどうしてるんでしょうね( ˘・з・)

では本題『キヌア』についてです。
こちらなんとグルテンフリー食材(∩´∀`∩)

キヌアはヒユ科アカザ亜科アカザ属の植物です。
アンデス地方の国で古くから生息しています。飢餓を救う奇跡の完全栄養食といわれています。(˘ڡ˘ς)
冷涼少雨の高山地でも育ちやすく古代インカでは「母なる穀物」として親しまれてきた植物だそうです。
キヌアはNASAでも宇宙食として指定されています。

キヌアは鉄分・カルシウムがとても豊富です。骨粗しょう症予防も期待できる量が含まれています、いつもの料理に積極的に取り入れてみるといいかと思います。

キヌアのタンパク質には健康な肉体を維持するために必要な必須アミノ酸がすべて含まれています。食物繊維も豊富なので便秘予防効果も高いといわれています。
皮膚の健康維持に不可欠で美肌効果が期待できるミネラルやビタミン類も多く含まれています。

キヌアに含まれる葉酸は、赤血球を作るのを助ける栄養素で造血のビタミンとも呼ばれ貧血の多い女性には特におすすめですよ( •ω- )

亜鉛も多く含まれているので冷え性の方も日々の食事にキヌアを取り入れてみて下さいね!

最後に未調理のキヌアの100グラムあたりの栄養をご紹介します( ・ㅂ・)
• カロリー 368kcal
• タンパク質 14.12g
• 総脂質(脂肪) 6.07g
• 炭水化物 64.16g
• 食物繊維 7.0g
• カルシウム 47mg 80
• 鉄  4.57mg
• マグネシウム 197mg
• リン 457mg
• カリウム 563mg
• ナトリウム 5mg
• 亜鉛 3.10mg
• ビタミンB1 0.360mg
• ビタミンB2 0.318mg
• ビタミンB3(ナイアシン) 1.520mg
• ビタミンB6 0.487mg
• 葉酸 184μg
(参考:米国農務省 農業研究サービス 全国標準栄養素データベース)

以上キヌアについてでした。
あたしはコストコのキヌアサラダが大好きで行くと買ってくるのですが、そう頻繁に行くわけではないので自分で作るようになりました(´∀`)
次回はそのレシピをご紹介したいなと思っています。

ここまで読んでいただきありがとうございました。それではご機嫌よう(´ڡ` )

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧